HINODE&SONS
新人の私でも仕事をすることで誰かの為になっているんだと実感できました

2018年4月入社

市毛 華

フィッタジャパンロジスティカ株式会社

倉敷情報センター

Interview

誰かの為になっているんだと実感できました
この仕事をしてきてよかったこと
2018年7月、災害が少ないと言われていた岡山県で記録的豪雨による災害が発生しました。私が入社して3カ月でちょうど仕事を覚えて独り立ちしてきた頃の事です。災害で物流が混乱している中、被災地への荷物を運ぶ手配が多くなったとき、その仕事へ携わることで少しでも被災者の方達の助けになったのかなと思い、まだまだ新人の私でも仕事をすることで誰かの為になっているんだと実感できました。
役に立てているということがやりがいへと変わっていきました
この仕事をしてきて大変だったこと
その岡山での災害の後すぐ台風や地震による災害が大阪、北海道と立て続けに起こりました。この時は正直、物流に携わるこの仕事はとても忙しかった事をよく覚えています。それでもなかなか遠方へのボランティア活動は行けない中、仕事ではありますが、被災された方々の役に立てているということがやりがいへと変わっていきました。
積み重ねで築かれる人間関係が一番大切
仕事をするにあたって一番大事なこと
私は人と話す時、いつも笑顔でいることに気を付けています。 しかしこの仕事は基本的には電話を使った業務が多いので、自分の表情が伝えられません。そんな中でお客様や協力会社の方に気持ち良く話していただく為に「笑声」と「コミュニケーション」を大事にして接客をしています。こういった毎日の積み重ねで築かれる人間関係が、仕事をしていく中で一番大切な事だと私は思っています。

Other Interview